トップページ > 機能追加 > Alt-azimuthモードの改良

Alt-azimuthモードの改良


バージョン1.5.1より、Alt-AzimuthモードのON・OFF状態の表示は標準実装されました(ただし、視野表示の左側に"Alt-Azimuth"は表示されません)。

変更前
Alt-azimuth mode

変更後
Alt-azimuthモードがONになったかOFFになったかを表示します。
Alt-azimuth mode enabled
Alt-azimuth mode disabled
また、モードがONの場合、視野表示の左隣に"Alt-azimuth"と表示します。
Alt-azimuth mode
これにより天体表面で←キーや→キーを押したときにうっかり画面を傾けてしまうのを防ぐ事ができます。


変更方法


ソースコードをダウンロードしたディレクトリをMyCelestiaとします。
MyCelestia\celestia\src\celestia\celestiacore.cppを編集します。

1260行目付近
青文字部分を削除して赤文字部分を追加
変更前

    case '\006': // Ctrl+F
        flash(_("Alt-azimuth mode"));
        addToHistory();
        altAzimuthMode = !altAzimuthMode;
        break;
変更後
    case '\006': // Ctrl+F
        if(!altAzimuthMode)
        {
            flash(_("Alt-azimuth mode enabled"));
        }
        else
        {
            flash(_("Alt-azimuth mode disabled"));
        }
        addToHistory();
        altAzimuthMode = !altAzimuthMode;
        break;

3045行目付近に以下を挿入
        // Alt-azimuth mode
        glPushMatrix();
        glTranslatef((float) (width - emWidth * 22), 2.0f, 0.0f);
        glColor4f(0.7f, 1.0f, 0.7f, 1.0f);

        overlay->beginText();
        if (altAzimuthMode)
            *overlay << _("Alt-azimuth");
        overlay->endText();
        glPopMatrix();
これらの変更を加えた後、保存してコンパイルします。
トップページ > 機能追加 > Alt-azimuthモードの改良