トップページ > .CELスクリプトガイド > .CELスクリプトレッスン Lesson 3

時間の速さを変える


.CELスクリプトではJキーやKキーやLキーを押したときと同様、時間の流れる速さを変える事ができます。


{
	time { utc "2005-04-29T09:29:24.0000" }
	timerate { rate 1000 }
	print { text "Time rate: 1000x Faster" }
	wait { duration 5 }
	timerate { rate 1000 }
	print { text "Time rate: Real Time" }
}
lesson3.cel

timeコマンドでは時刻が変更できます。
例の様に世界標準時で指定するか、あるいはユリウス日で指定してください。
なお、ユリウス日で指定する場合は次の通りです。

time { jd 2453489.89542 }

timerateコマンドでは時間の流れる速さを変更できます。
引数rateには正数を設定すると正方向、負数を設定すると逆方向の時間の流れになります。
なお、KキーやLキーでは10倍ずつしか時間の速さを変えられませんが、timerateコマンドでは任意の速さに変える事ができます。

この例ではprintコマンドを使用して現在の時間の速さを表示しています。
printコマンドは他のコマンドが動作を始めた後すぐに実行されます。

<< Lesson 2 - 天体へ移動する Lesson 4 - start.celを読み解く >>
トップページ > .CELスクリプトガイド > .CELスクリプトレッスン Lesson 3