トップページ > .CELスクリプトガイド >guide.celの解説

guide.celについて


このファイルはメニューバーのNavigation-Tour Guide(Windows版)で使われます。
guide.celは通常の.celファイルとは違った動きをします。

guide.celより


{
	Name "Pluto and Charon"
	Target "Sol/Pluto"
	Distance 40000
	DistanceUnits "km"
	Description "Pluto orbits our sun at a average distance of nearly six billion kilometers.  
	Its single known moon Charon is so large, that the two are often referred to as a 'double planet'."
}

Name

Tour Guideにおける項目名です。ファイルをUTF-8形式で保存しても、ここで日本語を使うと文字化けします。

Target

選択される天体名を記述します。惑星や衛星の場合、母天体の恒星から全て記述してください。

Distance

Tour Guideを用いて天体へ移動したとき、その天体との距離を指定します。

DistanceUnits

上記のDistanceの値の単位を設定します。

Description

説明内容を記述します。Tour Guideで項目を選択した時に表示されます。
ファイルをUTF-8形式で保存すれば日本語が使用できます。Shift-JIS形式で保存してください。UTF-8形式では正しく動作しません。
なお、「表」や「十」などのいわゆる「駄目文字」に注意してください。
Tour Guideで内容が正しく表示されなくなります。
「表\」、「十\」と該当文字の後ろに「\」を一つつければ問題を回避できます。
トップページ > .CELスクリプトガイド >guide.celの解説