トップページ > .dscファイルの解説

.dscファイルの解説


銀河・星雲用.dscファイル


deepsky.dscのM 31項より
Galaxy "M 31:NGC 224:UGC 454:MCG 7-2-16"
{
        Type  "Sb"
        RA            0.7122
        Dec          41.2689
        Distance   2.474e+06  # method: S
        Radius     6.805e+04
        AbsMag        -20.04
        Axis    [ -0.1274   0.9554   0.2663]
        Angle    142.9019
        InfoURL "http://simbad.u-strasbg.fr/sim-id.pl?Ident=M 31"
}
1.4.0以降のバージョンより銀河・星雲に複数の名前を:(コロン)で区切って設定する事ができます。

Type

銀河のハッブル型。Sa、SBaなど。

RA

Right Ascension - 視赤経。0°〜360°ではなく、0h〜24hで指定。分以下は時の小数で表します。

Dec

Declination - 視赤緯。 -90°〜90° で指定。

Distance

大陽からの距離。単位:光年。

Radius

天体の半径。単位:光年。

AbsMag

絶対等級。

Axis

天体の中心軸。地球の黄道面を基準とし、地球から見た場合のXYZベクトルで定義。

Angle

上記の軸を基準としてどれだけ天体を回転させるかを決めます。単位は[°]で、左回りで指定。

InfoURL

天体を右クリック(Mac OSX版はctrl+クリック)して出てくるコンテキストメニューで"Info"で飛ぶURLを指定します。
.sscファイルの場合と同様です。
トップページ > .dscファイルの解説