トップページ > キーボード操作の説明 > 時間

時間


Space

シミュレーション時間を停止します。
時間停止

L

シミュレーション時間を10倍ずつ速くします。

K

シミュレーション時間を10倍ずつ遅くします。

J

シミュレーション時間を逆回しします。
リアルタイム逆回し

!

シミュレーション時間の時刻を現在時刻に設定します。

なお、1.4.0pre8以降ではシミュレーション時間が停止している間に上記L、K、J、!キーでシミュレーション時間のスケールを変更できます。

?

現在の視点から選択した天体までの光速到達時間を表示します。
光速到達時間
※画像をクリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます

-

表示する天体の位置などを光速による遅れを考慮して表示します。
このモードがONの時は右上の時刻表示の横に"LT"が表示されます。
光速による遅れ:OFF
(デフォルト)
光速による遅れ:ON
光速による遅れ:OFF(デフォルト)光速による遅れ:ON
※画像をクリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます

Command+T(Mac OSX版のみ)


Set Time
Set Timeウィンドウを表示します。
日付は月/日/年、時刻は時:分:秒の順で記述してください。

このページのトップへ


トップページ > キーボード操作の説明 > 時間